カワダ株式会社 カワダ株式会社

2015年新卒入社

林 淳也

第1製造部 鍛造課
都市工学科卒業

人とのいい関係がいい製品を生む。
信頼の絆をさらに強く!

不良品を流さないように、気を抜かず注意深く。

不良品を流さないように、気を抜かず注意深く。

昔からもの作りが好きで、いろいろな物をすぐ作ってみたいタイプでした。社会見学でマツダへ行き、仕事内容に憧れを持ったのを機に、その後高校3年の夏休みにカワダの工場見学で鍛造を見て興味が膨らみ、山口から広島へ来て就職しました。マツダの部品を造っていることも志望動機の一つでした。現在は憧れの鍛造という部署で、1,200度に熱した鉄をプレスで打ち成形する仕事をしています。車の重要な部品になるので、作業は正確さとスピードが要求されます。慣れるまで時間がかかりましたが、プレスマシンの力で、一瞬で形になる凄さに集中力を切らさないように注意しています。

分からないことは、分かるまで教えてくれる。

分からないことは、分かるまで教えてくれる。

完成した部品を見ると、車の足まわり部分なので、興味が湧きます。プレスで製品を打つという作業は、ライン上では一つの工程ですが、人によって得意・不得意があります。先輩よりも上手く打てたりした時には嬉しいですね。仕事で覚えることは多く、最初は人間関係にもとまどいましたが、メモをとるなど少しずつ理解を深め、分からないことは分かるまで徹底して上司に聞いています。分からないまま中途半端は好きではないし、負けず嫌いなので何よりも鍛造では、誰にも負けたくないと思って頑張っています。

いずれ鍛造の分野でリーダーを目指したい。

いずれ鍛造の分野でリーダーを目指したい。

今ようやく、仕事をして給料をもらって、社会人としての自覚を覚えたところです。作業は大変ですが、やりがいも出てきました。カワダはペアコーチ制度で、これまでは先輩が優しく丁寧に教えてくださったので覚えやすかったです。先輩のように、人としても仕事面でもこれから経験を積んでいき、いずれリーダーというポジションになって、鍛造の分野でしっかり活躍できる人材になりたいという夢を持っています。カワダは働く環境も良く、入社してすぐに新入社員歓迎会やソフトボール大会などがあり、他の職場の人とも仲良くなれるイベントが多くあります。

×