カワダ株式会社 カワダ株式会社

2015年中途入社

長井 龍也

第2製造部 1機械課
機械科卒業

何が一番したいことかを追求する。
それが仕事の迷いを消す。

再就職で、どうしても就きたかった仕事に。

高校卒業後就職する時、カワダが第一志望でしたが実現せず、一旦車の溶接の仕事に就いていましたが、少しして転職を考えました。もともと車が好きなこともあり、また求人票を見ると福利厚生や待遇も良く、どうしてもカワダに行きたいと思い再チャレンジを。現在は、自動車のホイールとタイヤの根元についている内輪と外輪部分を担当し、NC旋盤という機械で切削、加工をしています。会社の中で最も忙しいポジションと言われていて、一人が担当するラインも増えましたが、その一つひとつの業務がきちんとできているということが自信に繋がっています。

5ラインをこなしながら、自信をつけていく。

今は、私のところで5ラインを稼働し、一日約3,000個を製造しています。製品は車の中で特に重要な役割をする部分で、間違えば死亡事故に繋がる可能性もあります。だからこそ、品質をしっかり守っていきたい。不良品を出さないように、日勤・夜勤の交代の際には、引き継ぎの相手が作業しやすいように分かりやすく伝えることも大切にしています。また、会社の規定で検査項目の確認は一日3回と決められていますが、手が開いた時には積極的に何度も確認するようにしています。

ペアコーチ制度で、人と仕事の流れをスムーズに。

入社当初は知らない人ばかりで戸惑うかもと思いましたが、カワダにはペアコーチ制度が設けられているので、分からないことがあればすぐに確認できる環境なので安心です。先輩は問題が起きた時に原因をすかさず教えてくれる。私もそういう人になりたいと思います。また、ミーティングで安全と品質について、過去の不具合を例にみんなで話し合ったりする時間も定期的にあり、とても勉強になります。カワダはマツダの重要なサプライヤーで、海外の高級車の部品も造っているので、ここでしか見られない物も多く、それらを通した一つ一つの経験が、自分の身になっていると実感する日々です。

×