カワダ株式会社 カワダ株式会社

2015年新卒入社

正田 信貴

技術部 鍛造Gr
工学部卒業

確かな知識や経験をベースにして
技術は磨かれていく。

技術を追求し、仕事の効率化を図る。

技術を追求し、仕事の効率化を図る。

在学中に機械力学などを学んでいて、先生からカワダの工場見学を紹介された時、鍛造の作業を見て凄いという印象を持ちました。今の仕事は、二次元CADや三次元CADを使って新規の金型の図面制作を行うこと。鍛造のシミュレーションソフトを使い、形状が現物と合うように類似形状を参考にしたり条件を変えるなどして試行錯誤しながら金型の設計開発を進めています。技術職は責任も大きいので、常に上司や先輩に相談。話しやすい環境であることも仕事の効率を高めています。そうしながら型に負荷をかけず、寿命を延ばしていくことへのチャレンジも行なっています。

図面を制作しながら、金型の新たな提案を。

図面を制作しながら、金型の新たな提案を。

この仕事に就いたばかりの頃には、新規部品が上手くいった時の達成感が大きなウエイトを占めていましたが、図面を作りながら、打ちやすくするための変更点を提案することに面白さを見出しています。そのために、現場の意見は重要で、いろいろな部署と関わる技術部の特性を生かし、積極的に現場から新型部品のアドバイスをもらったり、金型や部品についての意見交換をすることもあります。技術部は入社してすぐの半年間、他の部署がどのような仕事をしているか、現場を学ぶために工場を回ります。ここでの各職場とのコミュニケーションが図れる事が、仕事に大きく作用しています。

人と人との良い環境作りを、引き継いでいく。

人と人との良い環境作りを、引き継いでいく。

今後は、同じグループに後輩がいるので、意見を言いながら少しでも手助けできたらと思っています。また、最初の新人研修の時に経験した現場での空気を味わうことも大切なので、そのことも勧めたい。私の場合は、入社半年後に旋盤という作業を経験しました。部品加工がどのように行われるのか、加工のしやすさとは何かを実際に見て経験したので、今の図面を作る仕事においてもイメージがしやすい。後輩・先輩ともにコミュニケーションを図ることが大切で、カワダにはその土壌がすでにありますが、その環境をさらに良くしていくことも私たちの仕事だと考えます。

×