カワダ株式会社 カワダ株式会社

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」

社員が、仕事と子育てを両立させる事が出来、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分発揮出来るようにする為、次のように行動計画を策定する。

1.期間

2020年4月1日から2023年3月31日までの3年間

2.目標

①改正育児・介護休業法を取入れた規程の社員への周知
  ・育児休業申出対象者の変更
  ・休業期間
  ・社会保険免除の取り扱い(産前・産後を含む)
  ・子の看護休暇の追加
  ・育児のための所定外労働の免除
  ・深夜業の制限  等

②年次有給休暇取得の促進のための措置

3.対策

2014年8月~継続して実施中
  • 広報、PCの社内ネットワークを通して、「改正育児・介護休業制度」の周知、推進。
  • 社内会議の場を利用し、管理、監督者に説明会を開催し、「育児・介護休業制度」について周知を図る。
2015年7月~開始し、継続して実施中
  • バースデイ有給休暇制度の導入と周知徹底並びに制度運用の実施。
  • 社内会議の場を利用し、管理、監督者に説明会を開催し、「バースデイ有給休暇制度」について周知を図った。
2018年4月~開始し、継続して実施中
  • 育児短時間勤務制度の年齢の引き上げを実施。
    (3歳に満たない⇒小学校就学の始期に達するまで)
  • 広報、PCの社内ネットワークを通して、「育児短時間勤務制度」の年齢引き上げ実施の周知。


女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」

女性社員が活躍できる職場を増やし、能力を十分に発揮できる雇用環境の整備を行なうため、次のように行動計画を策定する。

1.期間

2016年4月1日~2021年3月31日

2.当社の課題

  • 女性社員がそもそも少なく、技術職の女性がいない
  • 女性は事務職、準直接工(検査工等)のため配置先が偏っている

3.目標

  • 技術職の女性を現行0人から1人以上に増加させる
  • 女性社員の少なかった職場等に女性の配置を推進する

4.取組内容と実施時期

【女性技術職採用強化】

2016年12月より継続して実施中
  • 技術系女性の受入れる上での課題を把握し、問題点の洗出しを行なう
  • 技術系の女性の応募を増やすため、学生向け説明会資料等の内容を見直し改定する
  • 技術系女子学生の雇用推進をホームページ等で広くアピールする

【配置転換の推進】

2016年10月より継続して実施中
  • 男女の配置で偏りがある部署の洗出しを始める
  • 女性があまり配属されなかった部署に女性を配属する上での課題点を分析
  • 女子社員の育成研修プログラムの構築と実施
  • 配属可能職場の選定及び配属実施
  • 定期的フォローアップ、ヒアリング実施
×