カワダ株式会社 カワダ株式会社

高品質を提供する高精度な機械加工・組立工程。

機械加工は、自動車足廻り部品特有の複雑な異形・多面体形状の加工など、カワダが最も得意とする分野です。
NCL、M/Cをはじめとした合計800台の各種加工設備群により中種・大量部品の生産、多種・少量な部品の加工にも柔軟に対応します。

組立は、プロペラシャフトやジョイントシャフト(中間軸)、アーム類の加工、組立をはじめ、各種のアッセンブリー(複合的に組み合わされた構成ユニット)を行っています。

01プロペラシャフト

製品の要となる部分だからこそ、社員教育で品質保持に力点を。 プロペラシャフトは、エンジンの出力を高速回転のなかで駆動輪へ動力を伝えるユニットです。

カワダは、プロペラシャフトに組み付けられるヨーク類、フランジ類などは自社鍛造しており、摩擦圧接工法を用いてパイプとヨークの接合を行っています。その他にもカーボンパイプを使ったプロペラシャフトの生産も行っています。

プロペラシャフトは、その多くが人による組立となっており、品質保証と安全安心の観点からカワダではスタッフ技能と知識を高めるための勉強会を日常的に行っています。

02ホイールハブ

ドライバーの命に関わる重要保安部品には、集中力を基本に緻密さを重視。 カワダは、ベアリングメーカー3社へホイールハブの内輪、外輪を月に58万個納品しています。
ホイールハブは、ドライバーの命に関わる重要保安部品であり、機械台数140台、36本の全自動ラインで生産し、特に熱処理、外観品質に細心の注意を払いながら生産を行っています。

03ハブサポート

一つのラインでフレキシブルに多様な車種に対応し、効率化も提案。 カワダでは、設備共通化、フレキシブル生産に着目しています。
ハブサポートは、その代表例ですが、基準座を統一することにより多品種な車種に対応できる仕組みを構築し、10車種以上を8ラインで加工し、月に13万個を生産しています。
安全でスピーディーに生産量を確保する方法を探りながら、「着々化」を基本とし、搬送スリッパなど多用して自動化を行い作業負担の軽減に努めています。

保有ライン

加工ライン
ホイールバブライン 25
ハブサポートライン 8
ナックルライン 4
加工ライン
プロペラシャフトライン 3
コンパニオンライン 3
ブッシュブラケットライン 2

保有設備

種別 設備 台数
旋盤 横型 170
縦型 19
研削盤 円筒、アンギュラ研削盤 30
熱処理 高周波焼入機 16
種別 設備 台数
マシニング #40 横型 62
#50 横型 38
#30 縦型 18
#40 縦型 25
#50 縦型 4
×