カワダ株式会社 カワダ株式会社

一貫体制の基礎となる鍛造工程。

カワダは、縦型熱間鍛造プレスと横型熱間高速鍛造プレス(AMP)を有しています。
縦型熱間鍛造プレスでは、ホイールハブ、ジョイントヨークなどの足廻り部品を中心に鍛造し、横型熱間高速鍛造プレス(AMP)では、ミッションギア、建設用ナットなどの子部品を中心鍛造しています。
ショット機、連続調質路、連続焼準炉、カオチン電着塗装機など有しており、鍛造後の製品の付加価値を高めています。

01熱間鍛造プレス

鋼材切断・加熱・プレスまで、全工程で品質を守りながら作業を。 縦型熱間鍛造プレスは、切断した鋼材を1,200度まで加熱して、主に潰し、荒、仕上げの3工程で半密閉成型し、周囲のバリをトリムして鍛造完成品を造り出しています。

カワダでは、社内次工程である機械加工部門の効率化を視野にいれて、取り代、抜き勾配に配慮し、手打ち用の1,600tプレスは3台、2,500t用プレスは3台で1分間で4個の製品を造り出しています。

02密閉鍛造プレス

自動機ラインにより、ミスを出さない正確さを。 自動縦型熱間鍛造プレスは、切断した鋼材を1,200度まで加熱して、主に潰し、荒、仕上げ、穴あけ兼ヒワリ修正)の4工程で密閉成型し、鍛造完成品を造り出しています。

カワダでは、取り代、抜き勾配に配慮し、1分間で16個の製品を造り出しています。
密閉鍛造で金型の消耗に配慮し、金型寿命の延伸のため金型の状態の確認を行いながら、都度の変化と状態に合わせて条件を変更し鍛造をしています。

03自動熱間高速鍛造機(AMP)

高速化と低コストを実現するため、国内でも数少ないAMPを導入。 カワダは、横型熱間高速鍛造プレス(AMP:Automatic Multistage Press)を3台有しています。
バー材の切断から加熱・据え込み・成形・ピアスまで全自動で行うドイツのハテバー社製で国内では20機ほどの採用実績ある鍛造機です。
AMPは横打ちの作業に効果を発揮し、ミッションギヤなど丸ものの鍛造では、ハイスピード化を実現しています。

保有設備

種別 設備 台数
プレス 熱間自動高速鍛造機
AMP50
2
熱間自動高速鍛造機
AMP70
1
トランスファー付オートプレス2500T 1
マニュアルプレス2500T 3
マニュアルプレス1600T 3
小型プレス 150~200T 6
種別 設備 台数
切断 ビレットシャー 2
予備成形装置 フォージングロール 2
熱処理 連続焼準炉 1
連続調質炉 1
表面処理 ショットブラスト 4
電着塗装 カチオン電着 1
×